2学期の中間テスト目指せ平均点より少し上

一人で勉強できない子が自分の力で平均点になるまでの勉強日記

「勉強しろ」といわないで見守るのはもうやめた

2020年11月中旬に2学期期末テストが終わってから「勉強」「宿題」はなるべく言わないで平和な日々を過ごしていました。 

見守りor放置 どちらの言葉が適しているのでしょうか。

ただ、怒る回数がへるのでとても平和です。

 

「冬休みの宿題は理科のワークだけ」の言葉を信じていたのですが。

そんなわけはなかった。

きちんとありました。

しかもご丁寧にプリントに宿題一覧がまとめてある。

しかも始業式に小テストありとはっきり明記。

英単語100問テストもある

これは大変。

見守りor放置はやめて、ビシバシ鍛えます。

 

①英単語100問は事前に100問が配られているのでまず解いてみます。

②まるつけをします。

※息子のまるつけはほぼ間違いなので親がまるつけをする。

③まちがったところをもう一度。

④間違った単語を単語カードに記載する。

※夏の単語テストのときは親が単語カードを作ったので今度は息子につくってもらいます。

 

息子:単語カードできた。

母:間違った単語全部書いたの?それを使って勉強できる?

息子:勉強できるよ。

※返事だけはよい。

息子:じゃねる。

といって息子は寝ました。

 

母:どれどれ、英単語カードみてみようか。

そこで衝撃の事実が

 

英単語カード表

英単語カード表


あれ、裏真っ白

英単語カード裏

英単語カード裏

まさか。たまたま一枚裏を書き忘れたんだよね。

 

そう信じたかったのですが。

全部表に日本語を書いて終わり

 

間違えたところを単語帳に書き写して、勉強する。

ごく当たり前のことなのですが。自分が中学生のときは周りも自分も当たり前にしてたこと。

 

夏休みは私が単語帳を作って一緒に勉強したのですが。

自分がなんで単語帳を作っているのかわからなかったのか、それともわざとなのか。

 

「勉強しろ」となにもいわないで見守っているのって楽で幸せです。

一度この現状をまのあたりにした以上見守りはやめます。

まずは単語カードの使い方・作り方