公文式国語 中学生1年生から初めてみた Fからスタート



まったく本を読まないわが子。

中学の朝活動で本を読んでいるようだけど。

なんの本を読んでいるんだろう。もうとっくによみおわっているんじゃない。?

本人に聞いても、同じ本を何回も読んでいるという。

読んでるんじゃなくて、ぴらぴらひらいているだけじゃないの?と

でもちろん国語の成績その他の成績もいまいち。

そもそも文章の意味をわかっていない。

例:ABで答えよと書いているのに、あ い で答えているし。

例:〇〇の言葉を使ってとあるけれど

そんなの見てないし、知らないよ、勝手に答えかいているし。

例:回答欄が小さいと、えっ ここ答えないといけないの?

中学でこれです。やばいです。

はじめての中間テスト、

主語と述語を抜き出しなさいとうお決まりの問題、全滅しているし。

そんなこんなで、公文式の国語を始めました。

ネットで検索したところ、公文式の国語、そんなによくないみたい。

確かに、上をめざすなら、不十分かもしれない。

ただ、普段から文章よまない、文字嫌い、レベルの子には効果あってほしい。

費用にあった効果があるのかメモしていきます。

先生にテスト対策と相談したところ、じゃ、難しいところからと

Fからのスタートとなりました。

続きをお楽しみに。